詩画集「雲のゆくおるがん」


画像をクリックすると拡大画像を
ご覧いただけます
型番 E191
定価 1,296円(税96円)
販売価格 1,296円(税96円)
購入数

今年90歳を迎える哲学者でもあり、美学者でもある今道友信氏の“詩”と葉祥明の“絵”が響き合う共著第二弾!

前著『人生の贈り物-四つの物語-』で、今道友信氏の著作に挿絵を描いた葉祥明。今作では、その今道友信氏が長年温めていた詩の数々に葉祥明が感動し、「是非、多くの人に読んでもらいたい!」という思いの詰まった詩画集になりました!

今道友信氏は1922年に東京で生まれ、山形に移り住みます。その時の出来事が「盲目となったオッタヴィアのために」として表現されるなど、氏の個人的な体験がベースとなって全14編が掲載されています。

日本を代表する哲学者が「詩」という表現方法でその感性を紡ぎ、葉祥明がその世界観を育み絵画表現をしました。
是非、至高の一冊をご覧下さい。

【 詩 】今道友信
【 絵 】葉祥明
【頁 数】55ページ
【判 型】19×15.7×1.1cm(縦×横×厚)
【出 版】鎌倉春秋社(2012年5月28日)

この商品の更に詳しい内容はこちらからどうぞ!
“人生の贈り物”のお買い求めはこちらから!